« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月30日 (月)

根室本線の旅2(2)~札内駅

第0094駅 札内(さつない)駅(北海道)

2007年3月10日(土)

札内駅

札内駅駅名標

幕別(13:13)→札内(13:22)・・・根室本線新得行

13時13分、キハ40系で幕別を出発。再び帯広方面へと進路をとる。13時22分、札内に到着した。

札内帯広近郊の住宅街といった感じだ。小さな駅だが有人駅で、みどりの窓口も設置されている。駅務室では女性の駅員さんが元気な声で応対していた。

次は、池田へ向かう。

つづく

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月23日 (月)

根室本線の旅2(1)~幕別駅

第0093駅 幕別(まくべつ)駅(北海道)

2007年3月10日(土)

幕別駅

幕別駅駅名標

野幌(6:28)→滝川(7:58)・・・函館本線旭川行

滝川(8:05)→富良野(9:08)・・・根室本線快速富良野行

富良野(9:15)→帯広(11:31)・・・快速狩勝帯広行

帯広(12:37)→幕別(12:58)・・・根室本線釧路行

青春18きっぷの旅第2弾は、根室本線帯広池田間を旅することにした。夏の根室本線の旅と同様に、滝川富良野と乗り換え、帯広に向かった。途中、新得十勝清水で鹿が2頭、森を駆けていた。11時31分、帯広に到着。ここで、約1時間待つことにする。この間に、昼食を済ませた。

12時37分、帯広を出発する。列車は当然のごとく、キハ40系だ。各ボックスシートに1~2人の割合の乗客だった。12時58分、幕別に到着した。

キハ40系

幕別は幕別町の中心駅で、駅前はきれいに整備されていた。駅の中を見渡すと、角には畳が敷かれていた。駅裏にはパークゴルフ場があり、さすがパークゴルフの町といった感じだった。

次は、札内へ向かう。

つづく

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月16日 (月)

函館本線の旅3(5)~北豊津駅

第0092駅 北豊津(きたとよつ)駅(北海道)

2007年3月3日(土)

北豊津駅

北豊津駅駅名標

中ノ沢(16:22)→北豊津(16:33)・・・函館本線函館行

16時22分、自分を含めて5人の乗客を乗せて、中ノ沢を出発する。当然、キハ40系だ。16時33分、北豊津に到着した。

北豊津の駅前は茫漠とした感じだ。建物は待合室と保線員用の詰所が一体化した形となっている。待合室には高速で列車が通過する際、車体に付着した氷塊等がホームに飛散して危険なので待合室で待っているようにと、張り紙が張ってあった。また、待っている間にトワイライトエクスプレスが通過していった。一度乗ってみたいものだ。

しばらく、待合室で待っていると、保線員の方が来て、詰所の方に入れてもらった。中はストーブが焚いてあって、テレビも見れた。何より寒さが凌げたのが本当に助かった。保線員の方は2人いて、いろいろと話をした。といっても、ほとんどがすすきのの話題だったのが・・・。時間になったので、お礼を言ってホームに上がった。

今回の旅はこれにて終了。帰りは室蘭本線回りで帰路についた。

おわり

<<今回の経路>>

  1. 野幌(6:43)→小樽(7:50)・・・函館本線小樽行
  2. 小樽(8:07)→長万部(11:13)・・・函館本線長万部行
  3. 長万部(13:00)→国縫(13:12)・・・函館本線函館行
  4. 国縫(14:29)→中ノ沢(14:35)・・・函館本線長万部行
  5. 中ノ沢(16:22)→北豊津(16:33)・・・函館本線函館行
  6. 北豊津(17:27)→長万部(17:43)・・・函館本線長万部行
  7. 長万部(17:50)→東室蘭(19:21)・・・室蘭本線東室蘭行
  8. 東室蘭(19:38)→苫小牧(20:40)・・・室蘭本線苫小牧行
  9. 苫小牧(20:48)→千歳(21:12)・・・千歳線札幌行
  10. 千歳(21:19)→白石(21:45)・・・快速エアポート211号小樽行
  11. 白石(21:51)→野幌(22:03)・・・函館本線江別行

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月10日 (火)

函館本線の旅3(4)~中ノ沢駅

第0091駅 中ノ沢(なかのさわ)駅(北海道)

2007年3月3日(土)

中ノ沢駅

中ノ沢駅駅名標

国縫(14:29)→中ノ沢(14:35)・・・函館本線長万部行

14時29分、キハ40系で国縫を出発する。14時35分、中ノ沢に到着した。

中ノ沢駅は貨車駅舎だ。駅舎には魚などがペイントされている。しかし、中ノ沢の「中」と「ノ」の文字が取れていた。待ち時間が1時間47分もあるので、付近を散歩する。国道5号線に出ると、車が頻繁に通っていた。歩道もないので、白線の内側を恐る恐る歩く。15分ほど歩いて、ドライブインがあった。中では様々な土産物が売っていた。

再び、駅に戻る。待っている間に、特急スーパー北斗13号函館行と特急北斗14号札幌行が通過していった。さらに、貨物列車が3度も通過した。この区間が物流の大動脈だということを改めて実感した。

次は、北豊津へ向かう。

つづく

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

函館本線の旅3(3)~国縫駅

第0090駅 国縫(くんぬい)駅(北海道)

2007年3月3日(土)

国縫駅

国縫駅駅名標

長万部(13:00)→国縫(13:12)・・・函館本線函館行

13時ちょうど、キハ40系で長万部を出発し南下する。13時12分、国縫到着。

キハ40系

国縫はかつては瀬棚線が分岐していた駅だ。しかし、今となっては少々寂しい感じがする。駅の中に入ってみると、ゴミ箱が撤去されていた。どうやら、家庭ゴミを捨てていく人がいるために、撤去したようだ。マナーは守って欲しいものだ。

次は、中ノ沢へ向かう。

つづく

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »