« 長崎への旅(2)~博多駅 | トップページ | 長崎本線の旅(1)~道ノ尾駅 »

2006年8月29日 (火)

長崎への旅(3)~長崎駅

第0050駅 長崎(ながさき)駅(長崎県)

2006年7月27日(木)

長崎駅

長崎駅駅名標

博多(16:22)→長崎(18:26)・・・特急かもめ33号長崎行

16時22分、ハイパーサルーンと呼ばれる783系特急かもめ33号は定刻通り博多を出発した。席はほぼ埋まっている。しばらくは住宅街を進む。二日市鳥栖と停車。ここで、鹿児島本線と分かれて、一路西へ進路を取る。佐賀平野の水田地帯を進み、佐賀に到着。列車はさらに西へと進む。肥前山口特急みどり19号特急ハウステンボス19号を切り離し、南へと向きを変える。肥前鹿島に停車した後、やがて左側に有明海が見えてきた。列車は海沿いにクネクネと曲がりながら進む。潮が引いているのか、舟が泥の上に乗っているものも見えた。しばらくして、雲仙岳が雄大に聳えているのが見えてきた。諫早湾の水門が見え、やがて諫早に到着。その後、長崎本線の新線を快調に飛ばし、トンネルを抜けて長崎市街に入る。浦上に停車した後、18時26分、長崎に到着した。

特急かもめ33号

長崎で夕食用に駅弁を購入した。購入したのは、しっぽく弁当(1300円)。早速、ホテルに入り、食す。おかずがこれでもかと言わんばかりに入っていて、食べきれないほどだ。実際に、食べ切れなかった。

しっぽく弁当

翌日は、長崎を観光する。長崎さるく博パスポートを購入する。これには、長崎市内の路面電車が一日乗り放題で、グラバー園、出島和蘭商館跡、長崎歴史文化博物館に格安で入場できる。

長崎電気軌道201形

まずは、グラバー園。長崎駅前電停から築町電停で乗り換え、石橋電停で下車。そこから、グラバースカイロードを登れば、長崎の街が一望できる。グラバー園の入口もそこにある。中に入ると、幕末から明治にかけての洋館を見学することができる。

グラバー園

グラバー園を出て、次は大浦天主堂。中央の祭壇とステンドグラスがとても見事。

大浦天主堂

大浦天主堂下電停から築町電停で乗り換えて、出島電停で下車。出島和蘭商館跡を見学する。2006年4月から、西側の建物に加えて、新たに建物が公開されている。

出島和蘭商館跡

昼食後は、平和公園へ。長崎原爆資料館を見学する。原爆の恐ろしさを改めて実感できる。熱心に資料を見たのだが、何だかいたたまれない気持ちになってくる。平和の尊さをすごく実感した。

平和公園

その後、長崎電気軌道の全路線を乗りつぶした後、長崎歴史文化博物館を見学した。これにて、長崎観光は終了。とても暑い一日だったが、大満足の一日だった。

明日は、長崎本線の駅巡りに出発する。

おわり

<<今回の経路>>

  1. 野幌(10:34)→札幌(10:51)・・・区間快速いしかりライナー小樽行
  2. 札幌(10:55)→新千歳空港(11:31)・・・快速エアポート106号新千歳空港行
  3. 新千歳空港(13:05)→福岡空港(15:30)・・・ANA794便福岡空港行
  4. 福岡空港(15:30)→博多(15:36)・・・福岡市交通局空港線筑前前原行
  5. 博多(16:22)→長崎(18:26)・・・特急かもめ33号長崎行

<<観光ルート>>

長崎駅前→築町→石橋→(グラバー園見学)→(大浦天主堂見学)→大浦天主堂下→築町→出島→(出島和蘭商館跡見学)→出島→長崎駅前→松山町→(平和公園見学)→(長崎原爆資料館見学)→浜口町→正覚寺下→蛍茶屋→赤迫→桜町→(長崎歴史文化博物館見学)→諏訪神社前→築町→長崎駅前

|

« 長崎への旅(2)~博多駅 | トップページ | 長崎本線の旅(1)~道ノ尾駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55903/3246645

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎への旅(3)~長崎駅:

« 長崎への旅(2)~博多駅 | トップページ | 長崎本線の旅(1)~道ノ尾駅 »