« 常磐線・水郡線の旅⑫~常陸大子駅 | トップページ | 外房・内房・久留里線の旅②~館山駅 »

2006年4月 4日 (火)

外房・内房・久留里線の旅①~安房鴨川駅

2006年3月25日(土)

十日市場(7:04)~東神奈川(7:26)

東神奈川(7:27)~横浜(7:30)

横浜(7:39)~千葉(8:49)

千葉(9:10)~安房鴨川(11:19)

安房鴨川駅

安房鴨川駅駅名標

7時39分、横浜から快速エアポート成田千葉へ向かう。もちろん、今回もグリーン車を使用。3/18から総武線でもsuicaグリーン券のシステムが導入されたので、早速使ってみる。快適。これで、ゆっくりと千葉までの旅を進めることができる。新川崎西大井品川と停車し、地下に入る。新橋東京新日本橋馬喰町と地下の駅が続く。地上に上がり、錦糸町に到着。ここからは快速で新小岩市川船橋津田沼稲毛と停車した。そして、8時49分に千葉に到着した。

千葉駅で駅弁を購入した。

やきはま丼

購入した駅弁は「やきはま丼(850円)」。串にささったやきはまぐりが美味しい。ボックスシートを何とか確保し、早速ガツガツ食した。

この電車は結構、人が乗ってくるようで満員とまではいかないが立っている人がかなりいた。しかし、本千葉蘇我鎌取誉田土気大網を過ぎると、席は空席が目立ってきた。しばらくは農村風景が広がっていた。電車は永田本納新茂原茂原八積上総一ノ宮東浪見太東長者町三門大原と停車。いすみ鉄道の乗客はここで乗り換えていた。浪花御宿を過ぎ、勝浦が近づいてくると外房の海が見え始めた。青い海を見るのは久々ではないだろうか。鵜原上総興津行川アイランド安房小湊安房天津と停車し、終着駅の安房鴨川に到着した。

さっそく、安房鴨川駅で駅弁を購入。今回購入したのは「うにとさざえめし(900円)」。

うにとさざえめし

これを買って改札をくぐると、駅舎は工事中で食べるスペースはない。そこで、歩いて5分ほどの海岸で食べることにした。海を見ながら、駅弁を食べるのは最高ではないか。沖には何人ものサーファーが波に向かっている。ふと、後ろを振り向くと猫が一匹こちらを見ている。もしや、お弁当を狙っているのか?食べ終わった後、また後ろを振り向いたら猫はいなくなっていた。やはり、狙っていたようだ。腹も膨れたことだし、駅に戻り内房線の千葉行の電車を待つことにする。

外房の海

つづく

|

« 常磐線・水郡線の旅⑫~常陸大子駅 | トップページ | 外房・内房・久留里線の旅②~館山駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55903/1270771

この記事へのトラックバック一覧です: 外房・内房・久留里線の旅①~安房鴨川駅:

« 常磐線・水郡線の旅⑫~常陸大子駅 | トップページ | 外房・内房・久留里線の旅②~館山駅 »