08栃木県

2006年3月20日 (月)

矢板駅~宇都宮・烏山線の旅 第14話

矢板駅 2006年3月5日(日)

片岡(17:36)~矢板(17:41)

片岡を出発する頃には、日の入りの時間になっていた。それでも、ギリギリ明るいはずだということを期待して矢板に向かった。17時41分、ついに矢板に到着。無事撮影も成功。あとは、宇都宮へ帰ってお弁当を買うだけ・・・・。宇都宮に着くと、

が~ーーーーーーーーーーーーーん!!!

ない!

しょっくです。

とりあえず、電車に乗らないといけない時間だったので、乗り込みました。小金井駅で湘南新宿ラインに乗り換えるから、コンビニかどっかで買おう。。。

が~ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!

コンビニがない。しまった、小山まで行けばよかった。仕方なく、キヨスクでおやつを買って空腹をしのぎました。

ショックです。

帰りも奮発してグリーン車の2階席を確保。これで、横浜までのんびりと帰りましょう。

・・・というわけで、今回の旅はおしまい。

<<今回の経路>>

  1. 十日市場(04:51)~東神奈川(05:11)・・・横浜線東神奈川行
  2. 東神奈川(05:15)~上野(05:58)・・・京浜東北線大宮行
  3. 上野(06:09)~宇都宮(07:52)・・・宇都宮線宇都宮行
  4. 宇都宮(08:23)~岡本(08:30)・・・宇都宮線黒磯行
  5. 岡本(08:52)~宝積寺(08:57)・・・宇都宮線黒磯行
  6. 宝積寺(9:31)~鴻野山(9:45)・・・烏山線烏山行
  7. 鴻野山(10:02)~下野花岡(10:10)・・・烏山線宝積寺行
  8. 下野花岡(10:41)~大金(10:56)・・・烏山線烏山行
  9. 大金(11:59)~仁井田(12:11)・・・烏山線宝積寺行
  10. 仁井田(12:46)~(13:06)・・・烏山線烏山行
  11. (13:44)~小塙(13:48)・・・烏山線宇都宮行
  12. 小塙(14:01)~烏山(14:11)・・・烏山線烏山行
  13. 烏山(15:39)~宝積寺(16:20)・・・烏山線宝積寺行
  14. 宝積寺(16:22)~氏家(16:28)・・・宇都宮線黒磯行
  15. 氏家(16:47)~蒲須坂(16:51)・・・宇都宮線黒磯行
  16. 蒲須坂(17:13)~片岡(17:17)・・・宇都宮線黒磯行
  17. 片岡(17:36)~矢板(17:41)・・・宇都宮線黒磯行
  18. 矢板(17:55)~宇都宮(18:26)・・・宇都宮線上野行
  19. 宇都宮(18:41)~小金井(19:01)・・・宇都宮線上野行
  20. 小金井(19:17)~横浜(21:14)・・・湘南新宿ライン大船行
  21. 横浜(21:20)~東神奈川(21:24)・・・京浜東北線大宮行
  22. 東神奈川(21:25)~十日市場(21:45)・・・横浜線橋本行

今回乗り降りした駅数:19駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

片岡駅~宇都宮・烏山線の旅 第13話

片岡駅2006年3月5日(日)

蒲須坂(17:13)~片岡(17:17)

昼はあんなに暖かかったのに、だいぶ寒くなってきました。ホームでポケットに手をつっこんで電車を待つ。ようやく、黒磯行の電車がやってきたので、乗り込む。で、すぐ下車。

到着した駅は片岡駅。駅舎が・・・ピンクですか。壁には「つつじの家」と書かれています。どうやらこの駅は「つつじ20選」に選ばれていたようです。時期になれば、線路沿いにつつじが綺麗に咲くそうです。駅舎内にその写真が飾られていました。

だいぶ、外も暗くなり、本日最後の矢板駅を目指します。

第14話へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蒲須坂駅~宇都宮・烏山線の旅 第12話

蒲須坂駅 2006年3月5日(日)

氏家(16:47)~蒲須坂(16:51)

氏家駅を出発し、4分で蒲須坂駅に到着。駅は人通りも少なく、周囲は閑静な住宅街ってところでしょうか。西の空には、夕日が綺麗に見えました。もうすぐ、日の入りのようです。とりあえず、次の駅を目指します。

第13話へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氏家駅~宇都宮・烏山線の旅 第11話

氏家駅2006年3月5日(日)

烏山(15:39)~宝積寺(16:20)

宝積寺(16:22)~氏家(16:28)

烏山駅を出発した列車は宝積寺を目指す。すいません、さすがに疲れがたまってきたのか、うつらうつら眠ってしまいました。

宝積寺で2分の乗換で、黒磯行きの電車に乗り込む。ほどなく、氏家駅に到着した。氏家ではこの日まで「氏家雛めぐり」という祭りが開催されていたようだ。駅には雛人形が飾られていた。そういえば、小さいとき妹と雛人形を飾った記憶がある。よく、雛壇に登って怒られたものだ。そんな小さいときの思い出を思い出しつつ、次の駅を目指す。

第12話へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

烏山駅~宇都宮・烏山線の旅 第10話

烏山駅2006年3月5日(日)

小塙(14:01)~烏山(14:11)

小塙駅を出発した烏山線の列車はいよいよ終着駅・烏山を目指す。そして、14時11分、ついに烏山駅に到着。これにて、烏山線の全駅下車達成!!

ぱちぱちぱち(拍手)!!

そして、烏山駅で迎えてくれたのは・・・

無事カエル

カエル!?

どうやら、無事カエルという蛙の像なんですが・・・。

あの、僕は今来たばかりなんですけど・・・。

ま、どうせ帰りにもこれを拝むことになるからいいっか。

さて、烏山の町をしばらく散策することにする。30分ほど歩いて、烏山大橋に到着。

烏山大橋から見た那珂川

橋から眺める那珂川の景色は素晴らしいものがあります。紅葉の時期は、ものすごくきれいなんだろうなあ。空には鳥(・・・といっても、カラスなんだけど)が気持ちよさげに飛んでいます。黒い鳥に白い鳥、緑の鳥・・・!?

はぁ!?

よく見るとハンググライダーをやっている人たちでした。気持ちよさそうに飛んでいます。

こうして、烏山線を巡る旅はひとまず・・・といいたいところだけど、まだ日暮れには時間があるので、宝積寺へ戻り、宇都宮線の氏家方面の駅を降りてみることにしました。

第11話へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小塙駅~宇都宮・烏山線の旅 第9話

小塙駅2006年3月5日(日)

滝(13:44)~小塙(13:48)

さすがに日差しが出てきて、暑くなってきた。今日何回目の烏山線の列車なんだろう?颯爽とやってきたのは毘沙門天。・・・って、毘沙門天ばっかじゃん。愛しの弁天様はいずこーーー!!

そんな、冗談は置いておいて、列車は小塙駅に到着。周りは・・・畑ですね。その向こうには崖が見えます。地層が見えるのがよくわかります。後から調べてみると、小塙の河食地形は栃木の自然100選に選ばれているんだって。へぇー。へぇー。へぇー。

これで、残る烏山線の駅は終着の烏山駅のみ!!マジック1が点灯しました。

第10話へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

滝駅~宇都宮・烏山線の旅 第8話

滝駅2006年3月5日(日)

仁井田(12:46)~滝(13:06)

仁井田駅を出発し、駅を目指す。さすがに、お昼を食べたからか、うつらうつらしてきた。20分で駅に到着。駅の七福神は紅一点の弁財天。それにしても、駅名がとはわかりやすい駅名だ。文字通り、近くには「龍門の滝」という滝がある。といわけで、そこを目指す。

案内板を見つつ、徒歩5分ほどで到着。遊歩道の階段を下りると、見えました!!

龍門の滝 滝を見るのはいつ以来だろう。久々に見たような気がする。観光客もそれほど多くなく、ゆったりと眺めることができる。滝つぼ近くには虹もかかっていて、素晴らしい。ちなみに、この滝の上の方に烏山線の線路が見えます。ここは、烏山線の撮影の定番ポイントのようです。

しばらく、滝を眺めたあと、無料の龍門ふるさと民芸館にも立ち寄る。ここには、展望室があって、滝を上の方から見ることができる。でも、僕は外で見る方が好きだな。

龍門の滝を見学した後、駅へ戻る。さすがに、暖かくなって上着もいらないくらいの気温になってきました。春ももうすぐってところでしょうか。

残る烏山線の駅は2駅。次は、小塙駅を目指す。

第9話へつづく

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年3月14日 (火)

仁井田駅~宇都宮・烏山線の旅 第7話

仁井田駅 2006年3月5日(日)

大金(11:59)~仁井田(12:11)

列車は仁井田駅に到着。この駅のすぐそばには学校があり、ちょうど学生が野球の練習をしていた。

青春だね~!!

仁井田駅は木造のいい感じの駅舎だ。それにしても、この辺の駅って、青い瓦の屋根の駅が多いね~。なぜなんだろう!?

さて、時間もちょうどお昼なので、ここで昼食タイーム!!宇都宮駅で買った、とりめしをパクリ。

うまい!!

ま、僕の場合は駅弁なら何でもうまいんだけどね。でも、こういうローカルな駅で食べると、さらにおいしく感じられる。やはり、駅弁は旅先で食べるのが一番いいよね。

駅弁をほおばっていると、若い男の人(高校生くらい?)たちがやってきて、

「列車行っちゃったよー。次のまで1時間くらい待たなきゃならないよー。どうするー!?」

結局、その人たちはあきらめて、どっか行っちゃったんだけど、ローカル線たるもの時間はあらかじめ確認しておきましょう。そして、なるべく余裕を持って行動しましょう。・・・と、つい最近、どっかの駅でも同じことを考えていたような気がするが・・・。

お腹も膨れ、ちょうどよい時間帯に下り列車がやってきた。次の目的地は駅。今回のメインイベントで唯一の観光スポットに行きます。

第8話へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

大金駅~宇都宮・烏山線の旅 第6話

大金駅 2006年3月5日(日)

下野花岡(10:41)~大金(10:56)

下野花岡駅から再び烏山方面の列車に乗り込む。ロングシートに座り、となりには子供2人と母親が座っていた。子供は空いているシートの上で寝転がって遊んでいた。すると、

ゴチン!!

シートから落ちて頭をぶつけていた。幸い、たいしたけがもなく泣きもしなかったので、大事には至らなかった。・・・が、子供は再び転がりだした。少しは懲りろよ・・・。

列車は大金駅に到着。ここで下車。写真をバシバシ撮る。それにしても、この駅は見所(?)が多い。まずは、駅舎。大金と書かれた大判が掲げらている。さらに、隣には大金神社。JRの社員が建立したとか。その隣には、お城のような建物が。中は観光物産センターになっています。

大金神社 観光物産センター 大金吊り橋

次の列車まで時間があるので、この町を散策することに。徒歩20分ほどのところには、大金吊り橋があり、端には展望台も付けられている。ここで、しばし町を眺めた後、再び駅に戻り、上り列車に乗り込む。次は、仁井田駅を目指す

・・・と、列車が行き違いのため、この駅ではタブレット交換をしていた。

生タブレットですよ!!

すいません。鉄道の各駅下車の旅は今回が初めてなもので・・・。実は、タブレット交換を見るのも初めてでした。

そんな、興奮(?)をさめぬうちに、僕は仁井田を目指す。

第7話へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

下野花岡駅~宇都宮・烏山線の旅 第5話

下野花岡駅 2006年3月5日(日)

鴻野山(10:02)~下野花岡(10:10)

10時10分、下野花岡駅に到着。周りを見ると、畑が広がっている。遠くで車の走る音が聞こえる以外は、聞こえてくるのは風の音だけ。何とも、のんびりとした風景です。ホーム上のベンチに座って、ぼぅーーーーーっとしてみる。何だか心が休まる、そんな感じ。

遠くには、キリンビールの工場が見え、

「ビールを飲みながら一日中こんなところで何もせずに過ごしたいなあ・・・」

とか考えたりしちゃいました。

そんな、余韻に浸りつつ、次の目的地である大金駅を目指しました。

第6話へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)